マキガイイソギンチャクとカニノテムシロ

画像

マキガイイソギンチャクが付着したカニノテムシロ

画像

殻口がカニノ手(ハサミ)を思い起こさせる。

先日、平戸島で最も広い干潟の若宮浦に行ってきました。
希少なカニノテムシロを見つけることが出来、行った貝(甲斐)がありました。
別の場所でも見かけるのですが、体にイソギンチャクを着けているのです。調べるとマキガイイソギンチャクのようで、福岡県では絶滅危惧ⅠB類とされています。
イソギンチャクの大部分は、岩礁や転石に固着して生活しています。しかし、マキガイイソギンチャクは、岩上ではなく巻貝の殻上で生活する変わった生態を持っています。
マキガイイソギンチャクは、腐肉食性の巻貝アラムシロガイによく付着するようですが、私はカニノテムシロに付着したものの方を多く見ています。
カニノテムシロも腐肉食性の巻貝ですが、マキガイイソギンチャクは貝に付着することで、おこぼれを頂戴すると共に移動手段を確保しているのですね。
これくらいの大きさだと、カニノテムシロにはあまり迷惑を掛けていないように思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック