なかなか見られない秋の花

画像

(ミカン科・マツカゼソウ)見過ごすような小さな花ですが、葉の形が面白い。
市内の生育地は数カ所。しかも個体数が極めて少ないので市では希少種に指定しています。
県外(宮崎県)ですが、ここでは林道脇に山ほど生えています。独特の臭いが有り、シカが食べないので他の植物との競争がないためだと思います。

画像

(シソ科・キセワタ)良く似たものにメハジキがあります。こちらは赤みが強い。
和名のキセワタ(着せ綿)は花冠に白い毛が生えており、綿をかぶったように見えることから。
個体数が少ないことから国・県・市でも希少種に指定しています。市内では数カ所でしか見られず、個体数も少ないものです。
草原に生えますが、広い草原よりも比較的狭い「草地」の方が多いように思います。よく似たメハジキンも多くはありません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック