「生物多様性アクション大賞2016」に入賞

画像

イノシシ用電気柵の杭に止まったマーカー付の♂、翅が痛んでるので長生きした個体でしょう。色づいた稲をバックに・・・・

画像


10月25日 当会の活動、絶滅危惧種ミヤマアカネの保全が「生物多様性アクション大賞2016」に入賞しました。
 
※「生物多様性アクション大賞2016」について
 この賞は「国連生物多様性の10年」の日本における広報活動の一環として2013年にスタートしました。
 たとえば、地産地消で旬の食材を使う食堂(たべよう)、海や川、山での自然体験(ふれよう)、美しい自然や生きものの姿を写真で表現(つたえよう)、地域に残る伝統文化の保存(まもろう)、環境に配慮した商品開発(えらぼう)など。ほかにもユニークな視点で生物多様性保全につながる活動がたくさんあるでしょう。本賞は、全国にひろがる、そんな活動を発掘し、応援し、多くの方に知っていただくことを目標にしています。
 当会は「まもろう部門」に応募しました。賞は、大賞(優秀賞から1組)・優秀賞(各部門から1組ずつ)・復興支援賞・GreenWave賞(植林に関する活動)・セブン-イレブン記念財団賞・審査委員賞(若干数)・入賞(若干数)となっています。
詳しい結果はhttp://5actions.jp/award2016/result.htmlで見ることができます。

ミヤマアカネ保全活動の詳細はhttp://www5d.biglobe.ne.jp/~furusato/miyamaakane.htm で見られます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック