新緑の国見山と北谷川

5月の連休頃は、常緑広葉樹林の最も美しい季節です。夏緑広葉樹林のように明るさはないのですが、ブロッコリー状の樹冠が新緑色になり、ここにシイの花が咲くとさらに美しい。
国見山山頂から北谷川を眺めると、沢沿いには夏緑広葉樹の新緑。沢を離れると常緑広葉樹(スダジイ)の新緑が見られます。
谷に入ると、沢沿いのやや明るい場所にはツクシタニギキョウ・ネコノメソウ・コミヤマスミレなどが見られます。
画像

国見山山頂から北谷川を望む

画像

比較的暗い場所にも生えるコミヤマスミレ(スミレの中では最も暗い場所に生える)

画像

比較的明るい場所を好むツクシタニギキョウ(沢沿いや、湿った林道の脇などで見られる)

画像

県内の分布が限られるネコノメソウ。林内のやや明るく、年中水が流れている(湧水)場所に群落を作る。国見山系には多い。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック