ベニトンボとヒメアカネ

本種は、南方系の種で、台湾以南の中国中南部や、東南アジアなどに分布しているが、近年九州全域で見られるようになり、「神戸のトンボ」では2016年に神戸市内で確認されたことが掲載されている。
当ブログでも佐世保市内の河川でベニトンボ(トンボ科)を確認したことを以前に書きましたが、同じ市内の別の河川で複数(5頭以上)を見ました。全て♂でした。

画像

ベニトンボ

同じ場所でヒメアカネ(トンボ科)(♂)を1頭確認しました。本種は希少種で長崎県・佐世保市共に(NT)とされています。私も久し振りに見ることが出来ました。
画像

ヒメアカネ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック