シカの食痕・干潟の生物・・・欲張り調査

佐世保市鹿町町の施設から逸出したニホンジカが西海岸沿いに分布を広げており、北は平戸市田平町、南は佐世保市鹿子前町に及ぶ。鹿町も鹿子前町もシカの名が付いているので昔は分布していたのだろう。
北九十九島は昨年度の調査で全ての島でニホンジカの痕跡確認や目撃をしている。
鹿町町の対岸は平戸市宝亀辺りになる。もしかすると既に平戸島に渡っているのではないかと心配でしかたがない。
4月24日は新月の大潮。潮が引くと歩いて渡れる前島と歩道でつながる沖ノ島へ確認に行った。
これまでの調査で海岸ではトベラの枝先が最も多く被害に遭っている(嗜好植物)ので、シカが食べることの出来る高さのトベラ・シャリンバイ・マサキなどの状況を調べた。
二島ともに食害は見られずに安心した。
潮が完全に引いた頃、紐差川の河口に広がる干潟で潟にいる生物を調べようとしたが、軟泥で深く長靴では動きが取れず澪筋で採取した。
3種の二枚貝・3種のハゼ・2種のカニが採取出来た。
<調査地:沖ノ島・前島>
okinosima-550.jpg

<沖ノ島のトベラ・・良い形ですね>
トベラ (3).JPG

<沖ノ島のシャリンバイ・・沢山花を付けていました>
シャリンバイ (2).JPG

<沖ノ島のカヤノミカニモリ・・最近増えています>
カヤノミカニモリ (1).JPG

<沖ノ島の若宮大明神・・入り口の鳥居も立派でした>
参道 (2).JPG

<前島のトベラ>
トベラ.JPG

<前島のハボウキ>
ハボウキ.JPG

<干潟の澪筋>
P4240577.JPG

<干潟・マサゴハゼ>
マサゴハゼ (4).JPG

<干潟・ムツハアリアケガニ・・多かった>
P4240567.JPG









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス

この記事へのコメント