オタカラコウ

画像


(キク科)
佐世保市では国見山系に僅かに見られるに過ぎません。以前は道路脇の溝に生えていましたが、コンクリートの側溝に変えられるときにかなりが無くなり、その後は除草剤の散布によっても失われました。今は林道の脇や林内の明るい水辺に生えます。
日当たりが良い場所のものは色も濃く、花も数が多く見応えがありますが、日当たりが良くない場所のものは貧弱に見えます。
渡りをすることで有名なアサギマダラは白系統の花で吸蜜するのを見かけるのが多いのですが、オタカラコウでも吸蜜しています。

"オタカラコウ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント