テーマ:その他

長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産のゆくえ

長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産の構成資産である「(1)黒島の集落」「(3)野崎島の集落跡」を囲むように大型風力発電が計画。 環境アセスメントが終了していないにも関わらず、宇久島風力と平戸南風力は海底ケーブルの敷設を始めている。 (1)平戸南部風力発電事業 長崎県佐世保市黒島から約10km離れた平戸南部風力発電(風力…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長崎の教会群とキリスト教関連遺産における詐欺的行為

信頼できる次のような情報を入手 ICOMOSのUNESCOへの勧告に向けての現地調査では、各市町が自分の区域の構成資産とその資産に負の影響を与える懸念のある自分の市町内の施設等限定の説明を行う形式だったとのこと。 そのため、小値賀町は宇久島風力発電が着工された場合の構成資産である野崎島への影響懸念について、ほぼ佐世保市市営事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まるで冷凍庫

国見山に登る県道脇ではでっかい氷柱が出来ていました。ここ数年暖かかったので、このような立派なものは久しぶりです。 道路には2週間以上雪が積もったままです。雪の下は場所によっては氷のところもあります。用心して歩いていたのですが思いきり滑ってしまいました。 観音様の花瓶が凍って割れていました。見ると中の水は完全に凍結。世知原町開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風力発電に脅かされるハチクマ1万kmの渡り

佐世保市の「木場山」・佐賀県との県境「国見山」・唐津市と伊万里市の境界付近などハチクマの渡りのメインルートに風力発電建設の計画があります。  そこで、ハチクマの渡りを知ることによって風力発電が渡りにどのような影響を与えているのかを考えてみましょう。 ・北松浦半島はタカ道のジャンクション  市内では、241種の野鳥が確認…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第8回 下村脩ジュニア科学賞SASEBOの表彰

第8回 下村脩ジュニア科学賞SASEBOの表彰式が11月28日に行われました。 下村修ジュニア科学賞 黒髪小学校 3年 松本彩花 「絶滅危惧種のメダカをさがす メダカの学校どこ行った?」 自宅周辺のメダカの生息地を調べ、生息地と生息しない場所を比較し、環境の変化によって生息の有無を見いだし、どうしてメダカが絶滅危惧種…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少年科学教室発表会・下村脩ジュニア科学賞SASEBO受賞式

相浦小学校6年川内野陽亮 君 白南風小1年 寺井くるみ さん 「自然発見」の活動発表 佐世保市少年科学館が主催する事業に少年科学教室があります。本年度(h27)で29年目になります。 当会の会員が、「楽しい電気教室」と「自然発見」の2教室を受け持ち、推進委員や下村脩ジュニア科学賞SASEBOの選考委員をし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サマースクールの感想

(感想文を書く) (お別れを前に)二人は部活等で二日目まで参加。 新山 諒人 初日、沢登りをした。上流はとても流れが速く岩がごつごつしていました。一番上に付いたときはとても嬉しかったです。先生が取ったミヤマクワガタを見て「クワガタもいるんだ」と思いました。 二日目、川遊び、夜の観察会をした。川遊びでは水が浅いと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サマースクールが終わりました

(孟宗竹で食器・箸・コップを作る) (沢登り) (沢でヒキガエルを捕まえる) (薪割り) (夕食風景) (五右衛門風呂に入る) (国見山登山 アカガシ原生林のアカガシの巨木の前で) (川遊び) (かまどでご飯を炊く) 佐世保市少年科学館自然発見…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

少年科学教室(自然発見)

(オサイ峠) (若いタゴガエル) (オサムシSP) 昭和62年から始まった教室(現在9教室)でスタートから7年間受け持ち、その後は委員として関わり、退職後再び受け持ち6年目になります。http://www.city.sasebo.lg.jp/benrimap/shisetsu/kyoiku/065.ht…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「平戸南・宇久島」風力発電 環境影響評価準備書に対する経産省の勧告

平成2 7 年2 月6 日に経済産業省から環境影響評価準備書に対する勧告が出されていました。 ふるさとの自然の会でも環境影響評価準備書に対し、会としてまた会員として意見を提出していました。 かなり厳しい勧告がなされています。 是非、見て下さい。 (青丸が風車の位置) グリーンパワー株式会社 「平戸南風力発電事業環…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇久島と平戸島の風力発電

風車とメガソラー建設予定地(緑の丸は風車、ピンクの塗りつぶしがメガソラー)<図1> 黒島と平戸南風力発電の位置関係<図2> 野首天主堂と宇久島風力発電の位置関係<図3> ・環境大臣の意見  16日に環境省から大臣意見が、経済産業大臣に対して出されました。 設置により環境や風景に影響を与える場合は、個…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九州本土の再生可能エネルギー発電接続保留

平成26 年9月24 日九州電力株式会社 九州本土の再生可能エネルギー発電設備に対する接続申込みの回答保留について 平成24 年7 月の固定価格買取制度(以下、FIT)開始以降、太陽光発電(以下、太陽光) を中心に再生可能エネルギー(以下、再エネ)の普及が進んできました。特に九州は、太陽光 のFIT による設備認定量、及び既…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平戸南・宇久島風力発電の問題点

平戸南及び宇久島風力発電の計画が進んでおり、現在環境影響評価準備書の意見を(9/16まで)求めている。グリンパワー株式会社が建設主体で、的山大島(16機)と田平(1機)にも風車を建設している。 当初2箇所とも騒音被害が出ていたが被害者の救済が行われているとは言い難い。現在的山大島はミツウロコグループが運営。 平戸で開催された説明会では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more