テーマ:再エネ

宇久メガソーラー発電の裏を見た(Ⅳ)

<宇久島・・・この風景は消えようとしている> シリーズの中で事業者は区長個人の同意を住民の同意として使うなど、不正な手続きをしていることを書いてきた。 林地開発についても同様なことを行っていた。このことについて良識ある当時の区長らは同意の撤回をしたいと発言されている。 また、住民からは個人所有の土地もある。所有者の同意も得ずに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇久メガソーラーの裏を見た(Ⅲ)

林地開発からみたアセスメント実施のごまかし 宇久みらいエネルギー合同会社から宇久メガソ-ラー建設に関わる林地開発許可申請 A工区:20.2638ha・B工区:17.4015ha・C工区:22.2402ha・D工区:8.0580haの合計:67.9635haが出されている。 長崎県環境影響評価条例では、土地の形質の改変を伴う面積的な広…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇久メガソーラーの裏を見た(Ⅱ)

2019年10月04日 Net IB Newsによれば「メガソーラーに揺れる宇久島~着工目前、島民の声(1)」 において、メガソーラー建設について30人への聞き取り結果、50%:どちらとも言えない。33.3%:反対。16.7%:賛成。であった。サンプル数が少ないのでなんとも言えないが、「どちらとも言えない」は、島特有の文化があるので意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇久メガソーラーの裏を見た(Ⅰ)

宇久メガソーラーについては本ブログ「https://furusatoiine.at.webry.info/201910/article_1.html」に詳しく掲載している。 平成30年2月7日に、宇久町26区の内23区の区長らが市に対して宇久メガソ-ラーの推進を要望している。この際に農振除外、農地転用許可について「区長の立場として住民…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇久メガソーラー 着工目前

宇久島は面積約2500万平方メートル。事業用地として借り上げるのが約630万平方メートルなので、島の4分の1が太陽光パネルで覆われる。 宇久の自然環境に大きな影響を与えるのは必至。再エネは地球の自然や環境を護るのが本来のもの。実に不思議な事業。 <当会の要望書と市・県の回答> http://www5d.biglobe.ne.jp/…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産のゆくえ

長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産の構成資産である「(1)黒島の集落」「(3)野崎島の集落跡」を囲むように大型風力発電が計画。 環境アセスメントが終了していないにも関わらず、宇久島風力と平戸南風力は海底ケーブルの敷設を始めている。 (1)平戸南部風力発電事業 長崎県佐世保市黒島から約10km離れた平戸南部風力発電(風力…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

隣接自治体環境無視の伊万里市再生可能エネルギービジョン

最終更新2018.11.19 <隣接地域の環境を無視した           「伊万里市再生可能エネルギービジョンに記載された大型風力発電プロジェクト」> (国見山に建設されたときの予測図)  風車の高さは160m。標高650m付近に建設されるので、国見山展望台(777m)から見ると、風車をやや見上げるようになり威圧感がある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国見山風力発電計画(2)更新

2018.9.29更新 ☆配慮書では「(仮称)伊万里市における風力発電事業」とされています。 国見山風力発電計画に関し、伊万里市に要望書を提出しました。 https://furusatoiine.at.webry.info/201810/article_3.html http://www5d.biglobe.ne.jp/~fur…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国見山に風力発電計画(1)

最新記事(10/30)はhttps://furusatoiine.at.webry.info/201810/article_3.html ☆配慮書では「(仮称)伊万里市における風力発電事業」とされています。  当会の問い合わせについて、平成28年2月17日に、長崎県環境政策課より県立自然公園地域内での風力発電計画について以下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長崎の教会群とキリスト教関連遺産における詐欺的行為

信頼できる次のような情報を入手 ICOMOSのUNESCOへの勧告に向けての現地調査では、各市町が自分の区域の構成資産とその資産に負の影響を与える懸念のある自分の市町内の施設等限定の説明を行う形式だったとのこと。 そのため、小値賀町は宇久島風力発電が着工された場合の構成資産である野崎島への影響懸念について、ほぼ佐世保市市営事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇久島風力発電の現状

事業計画概要 1、事業の名称:宇久島風力発電所建設計画 2、事業会社:東京都港区西新橋1-4-14 ㈱宇久島風力発:電所 3、事業内容:佐世保市宇久町に風力発電所及び同発電所の付帯設備を建設し、発生電力を九州電力㈱に売電する。 4、事業の特色:宇久島と佐世保市相浦間に送電用長距離海底ケ-ブルを布設し、島嶼部での日本最大規模の大規…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木場山の風力発電建設計画頓挫

7月18日のブログで佐世保市が市有林(保安林)を風力発電会社に売却する予定があることをお知らせしていましたが、ようやく市から回答が届きましたので掲載します。 リンク先 (要望書)http://www5d.biglobe.ne.jp/~furusato/pdf/kobanaya.web.pdf (回答)http://www5d.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

板山茶園内の風力発電計画について・・第2報

臨時総会の様子(公開) 参加者の判断は全て風車建設反対!! 2月19日に世知原地区町内連合会臨時総会(議題:板山地区風力発電機設置について、その他)が公開で開催されました。傍聴席は支所が準備した席が不足し、椅子を出し対応していました。これは、市が予想した以上に住民の関心が高かったことを表しています。 まず、金沢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハチクマの渡りルートに風車建設計画

左の黒い塔が高さ59mの風況(風力を測る)ポール。風車は合成したもので高さ120mです(2000kw 二機の計画)。 板山地区には6戸の住宅が有り、風車から最も近い住宅は250mです。騒音被害が起きることは確実です。 (世知原町内から見た風景・・これまでの風景が一変) ハチクマ(S.Kさん撮影) ハチクマプロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「平戸南・宇久島」風力発電 環境影響評価準備書に対する経産省の勧告

平成2 7 年2 月6 日に経済産業省から環境影響評価準備書に対する勧告が出されていました。 ふるさとの自然の会でも環境影響評価準備書に対し、会としてまた会員として意見を提出していました。 かなり厳しい勧告がなされています。 是非、見て下さい。 (青丸が風車の位置) グリーンパワー株式会社 「平戸南風力発電事業環…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九州本土の再生可能エネルギー発電接続保留

平成26 年9月24 日九州電力株式会社 九州本土の再生可能エネルギー発電設備に対する接続申込みの回答保留について 平成24 年7 月の固定価格買取制度(以下、FIT)開始以降、太陽光発電(以下、太陽光) を中心に再生可能エネルギー(以下、再エネ)の普及が進んできました。特に九州は、太陽光 のFIT による設備認定量、及び既…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平戸南・宇久島風力発電の問題点

平戸南及び宇久島風力発電の計画が進んでおり、現在環境影響評価準備書の意見を(9/16まで)求めている。グリンパワー株式会社が建設主体で、的山大島(16機)と田平(1機)にも風車を建設している。 当初2箇所とも騒音被害が出ていたが被害者の救済が行われているとは言い難い。現在的山大島はミツウロコグループが運営。 平戸で開催された説明会では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more