オオキツネノカミソリ

画像

(ヒガンバナ科)
佐世保市柚木町が分布西限地。
落葉樹の多い明るい林床や林縁に生育。早春に葉をひろげ、初夏に枯れます。7月中旬前後に花茎を伸ばし、先端で枝分かれした先にいくつかの花を咲かせます。雌雄同花で結実するものと、しないものがあり、ここのものは結実しません。

キツネノカミソリはこの辺りでは見られませんが、大分県などでは8月に咲いています。
オオキツネノカミソリとの違いは雄シベと雌シベの「シベ」が花から大きく飛び出しているのがオオキツネノカミソリ,「シベ」が花からあまり飛び出さず花の中にほぼ収まっているのがキツネノカミソリです。
このようなことから、キツネノカミソリの方がこじんまりと見えます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック