アライグマ田んぼでなにしてる?

画像

タヌキの足跡

画像

アライグマの足跡

田んぼの周囲はイノシシ防除用の電気柵を張り巡らしています。柵の周辺は掘り返されていますが、今のところ中に入った形跡はありません。掘り返した跡から、子イノシシと思われます。
田んぼでイノシシノ被害が一番多いのが今頃で、稲が完熟せずまだ柔らかい時期です。
電気柵を潜って入った跡を見つけると、すぐに対策を取らないと再び入ります。草が伸びて電気柵に触れるとそこから電気が逃げて、電気柵の役目を果たさなくなりますので、この時期は見回りを頻繁に行い。伸びた草もすぐに刈らねばなりません。

イノシシは鼻で獲物を探しますが、その際に電線に触れると感電して驚き柵の中には入りません、しかし、アライグマやアナグマ等は電気柵を難なくくぐり抜けます。背中は毛が生えていて電線に触っても感電しないのでしょう。
今の時期は何を食べているのか分かりませんが、田んぼで見る足跡はアライグマが一番多く、タヌキの足跡は時折見られるだけです。

明るい間に姿を見るのは、アナグマとイノシシで、アライグマとタヌキを見ることは殆どありません。タヌキは疥癬病で時々大量に死ぬことがあり、最近は以前ほど見かけなくなりました。

いずれにしても、イノシシに対しては注意を怠らないようにしないと、半年の苦労が水の泡です。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック