ヤマアカガエルの産卵

画像

ヤマアカガエルの抱接(上が♂)。カエルは全て雌が大きい。♀はお腹に卵を抱えているのが分かる。

画像

産卵直後の卵塊。白い部分は卵黄。

画像

一晩で、この様に水を吸って大きくなります。水が無くなり干し上がったとき、含んだ水分がしばらくは卵を守ります。


自宅の庭にはセメントを混ぜる箱を利用し水草を植えています。5個を置いているのですが、毎年、全ての箱にヤマアカガエルが20卵塊ほど産卵をします。全てを5個の箱で育てることは出来ませんので、卵塊を近くの田んぼの水のある場所や防火用水槽に移します。
残したものは、キャットフードや野菜屑を与えて育てますが、成長し上陸するのが5月中旬以降と、他のカエルに比べるとかなり長い間幼生で過ごします。成長した幼生は田植え前の田んぼに放流しています。

この辺りでは、ヤマアカガエルは毎年1~2月の間に2~3度産卵をします。
産卵前になると盛んに鳴くので、直ぐに分かります。
1月29日は暖かい雨。夜も気温が余り下がらず、20時の気温が15℃。絶好のヤマアカガエルの産卵日和です。しかし、鳴き声が聞こえません。様子を見に行くと3個の箱にそれぞれ♂が1個体。1個の箱の側に♂が1個体。別の箱の側に抱接個体が1。庭に♀が1個体いました。
1時間ほどすると鳴き声が聞こえましたので、様子を見に行くと既に1卵塊を生んでいました。
この日は朝まで、鳴き声がしていました。
結局3個の卵塊がありました。♀は産卵が終わるとその場には永く留まりませんが、♂は暖かい日が続く間、水の中に留まって次のチャンスを待ちます。しかし、急に寒くなると死んでしまいますが、次の暖かい日には死んだ♂に抱接する♂の姿が見られます。
抱いた相手が声を出さなければ、♀だと思うのでしょう。なんとも・・・・。

*本種も希少種で、県内では佐世保市の山間部に生息しています。産卵に適した水田や浅い溜め池が少なくなり、減少しています。産卵シーズンは道路を渡ることもあるので、車に轢かれることも減少の一要因です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック