宇久メガソーラーの裏を見た(Ⅱ)

2019年10月04日 Net IB Newsによれば「メガソーラーに揺れる宇久島~着工目前、島民の声(1)」
において、メガソーラー建設について30人への聞き取り結果、50%:どちらとも言えない。33.3%:反対。16.7%:賛成。であった。サンプル数が少ないのでなんとも言えないが、「どちらとも言えない」は、島特有の文化があるので意見を言わなかったのだろう。この50%を除いて考えると反対者が多いと取れる。
7月11日の説明会では、宇久島はメガソーラー建設用地の地権者だけのものではない。それ以外の島民の声は無視されているとの声が出されるなど、反対意見が多数出されていた。もっとも説明会に参加して意見を言おうという方々はこのことを真剣に考えている方が多いからであろう。
地元からの最近の情報では、建設作業員最大1,200人収容の宿舎建設が「宇久総合運動公園に許可された」。しかし、佐世保市宇久地区体育施設条例によれば、宇久総合運動公園という市の施設は存在せず、条例での名称は「宇久陸上競技場」となっている。
条例にない施設に作業員宿舎の建設を許可したのである。この許可要件として、「地元からの要望があること」(文書2)とされているが、誰一人として、作業員宿舎の建設の要望をしたことはないとのことである。考えられることは、要望書(文書1)が援用されたと考えられるが、これは、一般的には行政では行われないことではないだろうか。
☆宇久メガソーラーの裏を見た(Ⅰ)で書いたように、要望書は区長個人として署名捺印されたものを、区民全体の要望として扱っている。

<宇久太陽光・風力位置図>
宇久太陽光・風力位置図.gif

<推進要望書(文書1)>
推進要望書001.gif

<宇久陸上競技場>
陸上競技場.gif

<宇久町総合公園敷地の目的外使用許可について(文書2)>
許可要件1-2.gif




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント